お茶の出来るまで
@ 茶摘み
毎年、4月中旬〜5月ごろからお茶の生産が始まります。
お茶の葉は、手で摘んだり、茶刈り機で摘み取られ、工場へ運びます。
茶摘みイラスト A蒸し
お茶の生葉は、緑色を保ったり、青臭さを取るために高熱の蒸気で蒸します。
蒸す時間は、普通煎茶で20〜60秒、深蒸し煎茶で60〜180秒です。
   
蒸し機イラスト
B粗揉
熱風中で茶葉をかくはん、圧迫して、均一に乾燥する工程です。
製茶工程で最も体積が減少します。
   
粗揉機イラスト C揉捻
お茶を作る工程で、唯一加熱しない工程です。茶葉に加重しながら円運動し、茶葉全体の水分を均一に揉みます。
      
揉捻機イラスト
D中揉
茶葉を軽く揉みながら熱風で乾燥を進めます。
茶葉をよりながら細くする工程。
   
中揉機イラスト E茶摘み
加熱した揉盤上で茶葉を徐々に乾燥し、煎茶独特の形に整形する工程です。
この工程でお茶の形が出来上がります。
   
精揉機イラスト
F乾燥
精揉工程で13%ぐらいになった水分を5%ぐらいまで乾燥させる 工程です。
これによってお茶は貯蔵しやすく なります。こうして出来上がったお茶を「荒茶」と言います。
乾燥機イラスト G仕上げ
荒茶は形がさまざまな上、大小さまざまな状態で混じり合っているので、ふるい分けたりして選別し、仕上がった茶を計量して茶箱や袋に詰める。
   
仕上げイラスト
湯飲みイラストトップページへ

永松園製茶福岡県筑後市前津1584-4  TEL 0942-53-6057 FAX 0942-53-9313