お茶を食べる

区切り線

お茶を普通に飲むと、1煎目でも栄養分が60%しか出ない。
そこで、豊かな栄養分を丸ごと摂れるお茶クッキング!
料理にお茶を使うと、いつものメニューも違った美味しさに。

区切り線

さばの味噌煮

〜みそだれに水で戻した茶葉を混ぜ、さっぱりした美味しさにアレンジ〜

( 材 料  4 人 分 )
  • さばの切り身 
  • 煎茶      
  • 水        
  • しょうが    
  • 小松菜         

1尾分
大さじ2
カップ1/2
ひとかけ
適量
  • (A)
  • 水      
  • 砂糖     
  • みりん    
  • 酒      
  • 白味噌       
カップ1/2
大さじ3
大さじ3
大さじ3
大さじ4

作り方
1.さばは食べやすい大きさに切る。
  茶葉は分量の水につけ、葉を細かく刻んでおく。
  (A)の調味料は混ぜておく。
  しょうがは千切りにする。
2.鍋に(A)の2/3量としょうがを入れ、さばの身のほうを上にして並べ、火にかける。
  煮立ったら弱火にして、そのまま15分ほど煮る。
3.さばに完全に火が通ったら、残しておいた(A)を回し掛ける。
  煮汁をすくいかけながら、さらに3分ほど煮て火を止める。
4.器に盛って、残った煮汁に@の茶葉を混ぜ、さばに掛ける。

*普通の水加減の半量を煎茶に代えて炊いたご飯に、粉末にした茶葉を散らした茶飯がよくあう。*


お茶の葉は、そのまま食べると苦味が強いもの。そこでおススメな方法は
茶葉をすり鉢でひき、粉末状にする方法です。
これなら違和感なく料理に混ぜることが出来るし、
ふりかけや調味料代わりに利用することも出来ます。


湯のみ絵もどる                        次へ湯のみ絵