お茶の種類

煎茶・深蒸し煎茶・番茶        ほうじ茶・玉露・かぶせ茶       てん茶・抹茶・粉茶

     茎茶・かりがね・蒸し製玉緑茶     玄米茶・抹茶入り玄米茶・芽茶                        

深蒸し茶について                                               

煎茶写真 深蒸し煎茶写真 番茶写真
       煎 茶
茶葉の緑を保つため、茶を摘んですぐに茶葉を蒸気で蒸し、熱風の中で加熱乾燥しながら揉み、形を整える。
日本で最もよく飲まれている
    深蒸し煎茶
製法は煎茶と同じだが、茶葉の蒸す時間を、煎茶よりも2〜4倍多くして(60〜180秒)製造した茶。一般に粉が多く香気は弱くなるが、味は濃厚となり渋味が少ない。
       番 茶
夏・秋摘みの比較的大きく固めの葉(三番茶や各茶期との間に刈り取られた茶葉などの下級煎茶)を主な原料とした茶で、製法は煎茶と同じ。
ほうじ茶写真 玉露写真 かぶせ茶写真
      ほうじ茶
お茶の葉を強火で炒ったのが「ほうじ茶」です。下級の煎茶や番茶などを強火で炒り、香ばしい香りを出したもの。食後の茶に好まれる。
       玉 露
新芽の伸びる時期に、よしず棚などで茶園を覆い、ほぼ完全に日光を遮った茶園から摘採し煎茶と同様に製造した茶。うまみが増し苦みも少ない
   かぶせ茶
玉露の製法で、被覆期間の
短いものをかぶせ茶
と言う
せん茶と玉露との中間的なお茶
くき茶写真 かりがね茶写真 蒸し製玉緑茶写真
       茎 茶
精製工程中に取り除かれた茎などでつくられたお茶。独特の風味でソフトな味が好まれています
   かりがね
玉露や上級煎茶の若茎は、
「雁が音(かりがね)」と呼ばれる
  蒸し製玉緑茶
煎茶の精揉工程を省いて乾燥し、曲玉状にしたお茶。
大正末期に輸出用として開発 され、当時はグリ茶と呼ばれていた
てん茶写真 抹茶写真 粉茶写真
       てん茶
玉露と同様に栽培し、蒸した葉を揉まないで乾燥して茶うすで挽いたお茶。抹茶の原料となる。
       抹 茶
てん茶を石臼で粉にしたもの。
       粉 茶
精製工程中に粉になったお茶。
玄米茶写真 抹茶入り玄米茶写真 芽茶写真
       玄米茶
緑茶に炒った玄米を混ぜたお茶。玄米の独特の香りがあり、若い人に好まれています
   抹茶入り玄米茶
てん茶を石臼で粉にしたもの
       芽  茶
荒茶の再生工程で、ふるい分けされた芽先の部分。丸みを帯びた外観で重量感があるのが特徴。
昔は濃く出るお茶として持てはやされたが、最近は深蒸し茶の出現であまり出回らなくなった。
《参考》日本茶インストラクター協会


お茶!がん死亡率激減!
深蒸し茶で得られる超健康効果
深蒸し茶とは※当店では、1200円から525円の煎茶と、578円の上白折が深蒸し茶です。※
お茶の製造過程でも説明しておりますが、お茶を作る過程の第一段階に、茶葉を蒸す工程があります。
「お茶の味は蒸しで決まる」と言われるほど「蒸し」は大切な工程ですが、この蒸し時間の長短によって、「普通蒸し茶」、「深蒸し茶」と言った呼び方をされます。
一般的に、蒸しの浅いお茶は、形が綺麗で、濃緑色で粉が少なく、「針の様な」と形容されます。
また、お茶をいれると、黄色みを帯びた透明色で、お湯の温度や抽出時間で味が大きく変わってしまうデリケートな面があります。
一方、深蒸し茶は、形が短く、潰れていて、やや黄色みを帯びた濃緑色で、粉が多く見た目は良いとはいえません。
普通蒸し茶を見慣れた方は、粉っぽく下級茶のような印象を持たれるようです。
しかし、いったん急須でいれれば、深く濃い緑色、青臭みの少ない、まろやかな香り、強い甘みとコク。
しかも、いれ方が簡単で、誰でも美味しく淹れることが出来るのです。

 「見た目の良さより、飲んで美味しいお茶」 これが深蒸し茶の最大の特徴といえるでしょう。
深蒸し茶に粉の多いわけ
普通、煎茶の蒸し時間が20秒〜1分位なのに対し、深蒸し茶は1分〜3分以上の時間をかけ、じっくりと蒸します。
実に2〜4倍の蒸し時間です。
長い蒸し時間によって茶葉からの滲出成分が通常の煎茶より多くなり、濃くまろやかな味わいとなる。
茶葉は黄緑色になり、含有水分も増え、非常に柔らかくなってしまいます。
その後に、5段階の工程をかけて、揉み、乾燥していきますが、 その間に細胞はより破壊され、お湯に溶け出しやすくなります。
特に、茶葉の先端や、端の柔らかく味の濃い部分がちぎれて細かくなってしまいます。
これが粉のように見えるのですが、この細かい茶葉こそが、旨味とコクの元であり、深蒸し茶の特徴なのです。
ただ、粉が多いため、急須の網目から茶葉が出てしまったり、お茶が詰まりやすくなります。
深蒸し茶対応の急須を使っていただければ上手く出せます。
 
深蒸し茶は健康に良い?

ためしてガッテンでも紹介されましたように、お茶には、ビタミンA(カロチン)、ビタメンE、食物繊維、葉緑素、ミネラルなど、大変体に良いのですが、お湯に溶けないので、茶殻と一緒に捨てられてしまう成分が沢山入っています。
最近では、お茶を粉にひくミルが市販されていたり、抹茶のように茶葉を粉末にしたお茶が売られたりしています。我が家でも、外出時には粉に引いた茶葉と水を持ち歩いています。

深蒸し茶の濃い緑色は、急須の細かい網を通り抜けた葉緑素や、小さく粉砕された茶葉です。
湯呑みに沈殿した細かい粉まで残さずに飲んで頂きたいものです。


お茶は皆兄弟!
緑茶・ウーロン茶・紅茶の元は同じ「茶」の組織図
緑茶、烏龍茶、紅茶。
茶には色々な種類がありますが、同じ「茶」という植物から作られています。
要は、加工の仕方が違うだけです。

湯のみイラストトップページへ


永松園製茶/福岡県筑後市前津1584-4  TEL 0942-53-6057 FAX 0942-53-9313